Latest Entries

(一社)大学女性協会新潟支部70周年記念 上野千鶴子さん講演会のご案内

新潟支部70周年記念講演会
「これから女子の生きる道~ネオリベ改革とジェンダー~」

講師:上野千鶴子さん
日時:2017年7月22日(土) 13:30開始(開場13:00)
会場:新潟国際情報大学中央キャンパス9F講堂
   新潟市中央区上大川前通7番町1169
入場券:500円(当日800円)
プレイガイド:メディアシップ1階 えん にて6月より扱い予定

この講演会は新潟県女性財団団体支援事業です

2月例会 会員講話と茶話会

「各地での暮らしと英語あれこれ」 
講師 新潟支部会員 関 妙子さん

前日の雪で木々が白い帽子をかぶった朝でした。日中は素晴らしい晴天に変わり、ご講演と会員相互の親睦を深めるには最適の日でした。関さんのお話を伺いに、多くの会員が参加しました。

Ⅰ、大学女性協会での活動
印象に残る出来事ととして、 第25回IFUW国際会議出席と横浜市で英語による研究発表。  テーマは「開発教育」。
*開発教育とは=地球市民として生きるための教育。資料回覧あり。
当時の調査研究は、小中高校等にアンケートを依頼する事が多く、引き受け校の校長先生の対応も様々であった。気持ち良く気軽に受けてくれる学校、ひと言ふた言多忙さ大変さを強調する学校、依頼する側の結果報告など、その後の対応にひと言ある学校など、苦情もいただいたが、各校100%の回答をいただき、それをまとめて発表した。
この時期4年ほど、産経新聞の月曜随想を担当し、開発教育に係る記事も掲載した。

Ⅱ、各地でのくらし
お父様の転勤と、御夫君の転勤で全国を転居した。各地転勤先を白地図に印して説明された。その広範囲なこと。26回の転居はいかに大変だったか伝わってきた。

Ⅲ、趣味

Ⅳ、英語
高校生当時の教師に日常英語会話力をつけるよう勧められ、津田英語会で習いはじめてから、今も英会話に係っている。
様々な経歴ののち新潟英語専門学校で副校長となり指導。その後新潟大学非常勤講師となり定年退職まで20年間勤めた。
英文の資料が配布され、講師が流暢に読み上げ、受講者に質問し解説された。
Palindromes(回文)、Quizes、Tongue Twisters(早口言葉)、Jokes、Puns(駄洒落)、Alice’s Adventures in Wonderlandより。映画My Fair LadyをDVDで見ながら解説。歌「踊りあかそう(I could have danced tonight.)」の部分は参加者も一緒に歌った。
今でも英会話スクールで学習されているとのこと。学び続ける姿勢に感ずるものがあった。

関さんは、長い人生での厳しさ、大変さをポジティブに受け入れて、手際良い努力で今日の心豊かな生活を営まれている。感動と学ぶことの多いご講話であった。

2月例会の様子

2017年2月25日(土)に2月例会を開催しました。
会員の関妙子さんより英語のテキストや英国みやげのオルゴール付クッキーなどいろいろとご用意いただき、有意義なお話を伺いました。詳しくは後日掲載します。
s20170225_142921.jpg


s20170303_155411.jpg

s20170225_152445 (2)

平成28年度 2月例会のお知らせ

2月例会恒例となりました、会員のお話を伺う茶話会。今回は関妙子さんにご登場いただきます。
新潟支部長を経験された関さんは、英語教師として長くお仕事をされました。そのご経験を生かして英語の映画や歌などをご一緒に楽しみます。また、日本各地26ヶ所に住まわれたご経験もお話してくださいます。
どうぞお楽しみに。

第67回新潟支部奨学賞贈呈式の様子

去る12月3日(土)、支部奨学賞贈呈式を挙行いたしました。「女性の活躍する社会とは」とのテーマで応募された小論文の中から、2名の女子学生を選考し、奨学賞を贈呈することができました。今年も全員が理系の学生さんでしたが、ご自身の専門領域を生かして女性の活躍できる社会に役立つことを具体的に提案され、頼もしい限りでした。授与式に参加された会員の皆様からは、人生の先輩としての助言や激励をしていただきました。
その後の祝賀会兼忘年会では、当支部高橋令子支部長ナレーションを行った本部制作のDVD「JAUW創立70年の歩み」をみなさんと鑑賞し、会の歴史を振り返りました。


shibushougakushou


今回の祝賀会兼忘年会の乾杯酒は、私たちのヴェトナム奨学生第1号のロイさんからの贈り物、「すもものお酒 貴陽(きよう)」。このたび日本の企業に就職され、秋に来日されていたロイさん。努力を重ね、ヴェトナムと日本にかかわるお仕事に就かれたことを会員一同心から嬉しく思います。甘く美味しいお酒でした。

roisankara